アガリクスでがん予防

アガリクスを使用することでがん抑制効果があることはよく知られていることです。ところで、どのような成分によってがんの発症が抑えられているのかというと、主にヒメマツタケの中に含まれているベータグルカンという多糖体が主な働きを示しています。この成分は直接がん細胞を攻撃するのではありません。体の中にある免疫細胞、例えば白血球やマクロファージ、ヘルパーT細胞などを活性化っせて悪性化した細胞を封じ込める働きをさらに強化する手助けをする役割があります。
また、先ほど上げたベータグルカンだけではなく、ペプチドグルカンやプロテオグルカンなど他にも多くの多糖体も免疫力の向上や免疫細胞をさらに活性化させる働きがあります。動物実験においてもがん細胞の抑制率は90%以上という高い抑制率を示す結果となっています。
そしてアガリクスは毎日摂取することによって本来の効果を発揮することができます。早い人であれば約2週間ほどで、遅くい人であっても約3ヶ月後には免疫活性化効果を得ることができます。がんと石に診断された場合やその治療中である場合にはさらに長期間の摂取が必要となりますが、これからの健康について心配されている方はできるだけアガリクスを早めに使用すると良いでしょう。